MENU

寝起きの口の臭さが異常なのはナゼなの?これじゃキスもできない!!


朝の目覚めのキス。そんな憧れを抱いていたけど、いざそんな場面になるとちょっとためらいませんか?(自分の口、クサかったらどうしよう・・・)って。事実寝起きというのは人間誰しも口臭が強くなると言われています。

その理由は

「唾液が少ないから」

なんですね。

人間は寝ている間、唾液の分泌量が極端に減ることがわかっています。それは唾液腺への刺激が少なくなるからです。

起きている間は喋ったり食事をすることで唾液を分泌する腺(顎下腺、舌下腺、耳下腺)が刺激され、唾液がとめどなく出るようになっていますが、寝ている間はほとんど口を動かすことがなくなるので腺が刺激されず唾液が出づらい状態になります。



そうなるとどうなってしまうのか?口腔内細菌が増殖してしまうのです。口の中の細菌が増えることで口臭が発生するのです。唾液というのは口腔内の細菌が増殖するのを防いでくれていたんです。

唾液は単に食べ物を消化したり、潤いを保つだけではなく、細菌や病原菌などの殺菌効果も持っているとても大切な役目をになっているのです。

唾液の分泌量が減少⇒口腔内の細菌が増える⇒口臭が強くなるというのは「夜勤明けの気になる口臭」のメカニズムとも似ています。

オーラルデントはなぜ口臭を抑えてくれるのか?


寝起きの口臭が強くなってしまう原因は「唾液分泌量の減少による口腔内細菌の増加」ですが、口臭予防サプリメント「オーラルデント」を舐めることで口腔内細菌を減らすことができるのです。


オーラルデントの中の成分「オーラバリア」(特許成分)が、唾液の力をサポートしてくれます。具体的に言うと、オーラバリアによって唾液の持つ殺菌力がアップするのです。

香りでごまかしたりせずにニオイの原因を元から断つところがミソです。口の中を洗浄したり磨く、などという手間はかけません。ただ舐めているだけで良いというのはラクですね。オーラルデントは1日1粒でも効果を発揮しますので、寝起きの口臭対策としては夜寝る前に舐めるのが良いですね。

オーラルデントに加えたいもうひとつの口臭予防法!

オーラルデントを口にすることでたしかに口腔内の細菌が減りますが、寝起きの口臭をもっと快適にするための方法があります。それは

「口テープ」

です。


寝ている間に口が開いていびきがヒドい・・・なんていう人が口テープを貼りますが、この口テープはいびきを防ぐだけでなく、口が開かないようになるので唾液の蒸発も防いでくれるのです。ということは、口臭予防にもつながるのです。

口テープは専用のテープも販売されていますが、口が開かないようにすればいいので別に専用テープを買う必要もありません。皮膚が強う人であればセロハンテープでも構いませんし、無難なところではサージカルテープが安くてかぶれにくいので重宝します。

オーラルデントと口テープで寝起きの口臭予防!



寝起きの口臭を防ぐ方法をまとめると、

★「オーラルデント」を定期的に摂取する(唾液の殺菌力アップ)
★就寝時に「口テープ」をする(唾液の蒸発防止)


この2つを実践することで、

口の中のネバネバがなくなって爽やかな朝に!

おはようのキスやハグもためらいなくできる!

口臭だけでなく歯周病予防や喉の保護にもつながる!


唾液量、唾液のパワーを使って口臭の元もなる口腔内細菌を退治しましょう!!

今まで香りでごまかしていたり、きちっと歯磨きをしても口臭が気になってしまう・・・という方には、今現在、「オーラルデント」はWEB特別割引を実施中です。しかも送料無料ですから試してみるなら今がチャンスだと思いますよ!

送料無料・53%オフの割引価格セール実施中!
⇒オーラルデントのお試しはこちら
このページの先頭へ